読んだら書くだけの存在

漫画や本を読んだ後の個人的感想の記録

小説

【積むのは習性】 1冊目『蝶を飼う男 シャルル・バルバラ幻想作品集』

場所も時代もわからないが、誰かが確かに言った。 「本は出会ったその時買わなければ、一生後悔する」 本は長い時代を超える可能性を持つ。100年前の本を買うのは古書店に行けばさほど難しくない。しかし本は儚い存在でもある。一度しか発行されず、部数も少…